この無料プレゼント、正直スゴイと思います・・

ミニブタをペットとして迎える方へ

今回はミニブタの飼い方です。

ミニブタペットにしようと思っている方へ、ミニブタの飼い方を簡単に紹介しますね。

■餌■
ミニブタは雑食です。ですので、食事は何でも食べますね。

かなり食いしん坊な性格なのです。

ミニブタが餌を欲しがっているからといって、欲しいだけ与えると太りすぎになるので要注意です。

栄養のバランスを崩しかねませんので。


甘い物はブタの大好物です。

特にお菓子やビスケット等、与えすぎは駄目ですよ!ご褒美などで少し与える程度にしましょう。

ミニブタの主食にする餌は、「穀物」、「野菜」をバランスよく与えてあげてくださいね。

ちなみに、「ペットのミニブタ用のエサ」は、色んな栄養素がバランスよく配合されているのでオススメです。


餌は1日1回でも2回でも問題はありません。

しかし、毎日「同じ量」を「同じ時間」に与えるようにしてください。

「どれだけ餌を与えればいいのか?」と聞かれても、餌の量はミニブタの状態で違ってきます。

ですので、ミニブタの大きさや運動量に合わせて増減しましょう。

まぁ最初は解らないと思うのでペットショップで聞いたほうが無難です。


■しつけ■
ミニブタをペットとして飼う場合、1番目のしつけは「トイレ」です。

ブタって不潔なイメージがありますが、豚はきれいな所が好きなのです。

豚は「寝床」・「食事場」・「トイレ」を決める性質があります。

飼い主はそれを助けてあげるようにしつけて下さい。

基本子豚は、トイレを自分の寝床から離れた部屋の隅などでします。

「食事場」・「寝床」・「トイレ」を子豚が感じるように仕向ければ自然に覚えますので、しつけも楽だと思います。

それでもしつけが難しい場合、ビスケットなどを利用して出来たときは褒めましょう。

しかし、叱るときはすぐに叱ってくださいよ。

時間が立たってしまうと効果が無いです。叱るより褒めるようにして、しつけを行ってください。


■ブタの性格・特徴■
・いたずら好き
・きれい好き
鼻で土を掘り起こしたりしますので、広い庭などで遊ばせて下さいね。

豚の毛って言うのは長くならず、抜け毛も少ないので、毛の手入れも犬などのペットに比べると楽だと思いますね。


■ペットのケア■
老化した皮膚がふけになりますので、お風呂で洗ってあげましょうね。

基本、水浴びが好きなのですが、風邪の原因になるので「生後4ヶ月頃まで」は控えてくださいね。

ブタのつめはコンクリートの上を歩かせると、手入れの必要はないです。

ペットとしてミニブタ・ブタを飼う場合、ワクチンの摂取をオススメします。って言うかして下さい。


以上が、ミニブタのペットとしての飼い方です。
どうでしょう?参考になりましたでしょうか?


この無料プレゼント、正直スゴイと思います・・

トップ > ペット ミニブタ > ミニブタをペットとして迎える方へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。